23日と24日は野毛大道芸の祭りでしたが昨日23日は大荒れの天気で大道芸は中止でした。今日は昨日とは打って変わって快晴です。大道芸は午前11時頃から始まるので11時少し前に野毛に着きました。
各、会場は準備中でしたが見物の人達はいい場所取りにともうぎっしりと会場を埋め尽くしていました。
昨日が中止だっただけに観客の出足も早いようです。
場所取りして大道芸を撮るつもりが無いので大通りよりもと柳通りに
やって来ました。この通りは商店が立ち並ぶ細い路地通りです。
店の前に売店の準備やその通りで行う芸人さんやお店なども準備の
真っ盛りです。ここは懐かしい針金細工のおもちゃを作って売っているようで出来ている三輪車や飛行機などが並んでいます。
職人さんは見ている前で実演販売する針金などを用意していました。
ゴムを巻いて原動力にして動かす仕組みで子供の頃に親からお土産で買って貰ったのを思い出しました。
少し経つと大道芸も始まりました。柳通りは狭いので初めから並ばなくても周りを取り囲めて何とか芸人さんを撮ることも出来ます。又、背景もビルではなく雰囲気のある建物などもあって撮影にはもってこいです。ここでは女の芸人さんがアコーデオンを弾いたり丸いパイプの上に板を乗せてバランスをとりながらいろいろな芸をやっていました。
柳通りに行ったり、大通りに戻ったりしています。大通りでは外人の芸人さんが観客を引き入れてのパホーマンスをしています。少年を使って手伝わせて観客の笑いを誘っていました。
所定の場所での大道芸の他に一人で通りを歩きながらパホーマンスをする芸人さんも見かけます。今日は金色づくめの大男の芸人さんに合いました。私はこの芸人さんを見るのは今回が初めてでした。

もう昼も過ぎていて、食事や飲む人達でお店はお客でいっぱいになっています。又、路地などで座り込んで食事や一休みの光景が見られて、大道芸よりもそんな中からいいシャッターチャンスはないかとうろうろしていました。いつもの事ですが所々で写友達にあって挨拶したり、話しをしたりで今日も何人かの写友達に合いました。
大道芸には珍しく、人力車も出ていましたが流石にこの日は観光でもないのでしょう、手持ちぶさたに客待ちをしていました。
午後1時を過ぎた頃、昼食と一休みと言うことで人通りの少ない路地に入り食事をしていました。そんな時にもシャッターチャンスは転がり込んできます。丁度、ひなびた路地で一休みしているおじさんやその町角を通る人達などゆっくり休んでもいられません。こんな時に結構面白い写真が撮れたりしているのでこれがスナップ写真の醍醐味かとも思います。
今日は天気も良くて5月中旬ぐらいの暑さになっています。都橋近くの交番前に救急車が止まっていて患者を車に乗せていました。熱中症にでもなったのでしょうか、珍しい光景です。
主に撮影は大道芸よりも路地に入っては面白い光景などのスナップを撮っていますが大通りでは相変わらずの人だかりで大道芸を見ています。後ろは歩道になっていてピンクのカーテンで中が見えないようになっていました。大きな歓声など聞こえてきます。テントの上にカメラを上げて何も見えない所をパチリパチリ、手前の邪魔者が大きく写って芸人は入っていません。それでも何枚も駄目もとで撮影していました。誰も撮らないアングルと撮影位置です。なんかそれらしいのが1枚撮れた様な気がしました。
流石に午後になると人出は最高潮に達して大通りの大道芸は人人の山で裏の歩道もやっと歩ける状態になっています。時間は午後3時近く、3時半頃には大道芸も終わる時間です。これから用もあったので今日の撮影を終わることにしました。一枚ぐらいは気に入った写真が撮れていれば良いのですが。